プライベートクリニック吉祥寺の人気の理由をチェック

レディー

自分にあった除去を

悩む人

目立つ場所にある大きなほくろがコンプレックス、という方は意外と多くほくろ除去に興味があるけどどんなものなのか分からないという方もいらっしゃると思います。ほくろ除去の方法はいくつか存在し、ほくろの状態や大きさ、場所などにより受けるべき除去法も違ってきます。たとえば、炭酸ガスレーザーを使った施術は、施術時間は5〜10分程度と早くて簡単で、施術後の痛みや腫れもほとんど無いため非常におすすめですが、除去するほくろは5mm以下の、皮膚から出っ張ってないほくろでなければあまり向いていません。逆に直径6mmを超える大きなほくろ除去に向いているのが、切除縫合法です。施術後は麻酔が切れて痛みますしシャワーや洗顔も禁止になりますが、医師によってレーザーよりも綺麗に除去してくれ、再発することはほとんど無いという利点があります。

除去するほくろの状態や大きさにより受けるべき施術も変わりますが、施術を受けると良い場所にも違いがでてきます。まず、ぷくっと出っ張っているほくろ除去におすすめなのが、皮膚科や美容外科クリニックです。最近では皮膚科で受けられるほくろ除去の治療法も増えてきており、また、保険も適用されることがあるため安く済む場合もあります。その点では美容外科クリニックはほとんどの場合保険は適用されませんが、やはり見た目のことに関してのプロなので、より豊富な施術が用意されており、選択の幅も広がります。また、母斑や良性腫瘍などの皮膚にできているほくろの除去は、形成外科でしてもらうのがおすすめです。形成外科なら切除での除去の場合ほとんど皮膚科と同じように保険適用されますし、傷跡が目立たない縫合の仕方をしてくれるそうなので良いと思います。